WEBライターの副業 月10万稼いでいる方法

WEBライターの副業をやってみたい。どんなスキルが必要なのか、どうやって仕事を探すのか教えてほしい。

WEBライターの副業をしているサラリーマンや主婦は多く、月1万~10万くらいなら頑張れば誰でも達成できます。

WEBライターに興味があってやってみたいけど、「何から始めればよいかわからない」という悩みをお持ちの方も多いと思います。

初心者の方には難しいイメージがあるWEBライターですが、ノウハウがわかれば難しくはありません。

私も副業でWEBライターをしていますが、コンスタントに月3万~10万ほど稼いでいます。

目次

WEBライターが副業におすすめの理由

WEBライターは人に読ませる文章力が必要となるので、高いスキルを身に着けることができます。

最初から素晴らしい文章は作れませんが、初心者の方でも継続すると書くことに慣れていくので安心してください。

特に私がWEBライターが副業にお勧めだと感じた理由をお教えします。

文章を書く力が身につく

人生において、人に伝えるスキルが高いと得をすることが多いです。

ネットの文章で相手に伝えるwebライターは、口頭で伝える営業などに比べてハードルが高いです。

私も最初はつたない文章ばかり書いていましたが、今ではポイントを押さえた文章が書けるようになりました。

その成果もあり、本業の営業でも昔より「説明がわかりやすい」とお客様から評価をもらえるようになりました。

特別なスキルは必要ない

ライターと聞くと難しいと思うかもしれませんが、資格などがなくても開始できます。

ライティングの案件は様々あり、テレビの感想と言った簡単な案件なら高いスキルなしでも仕事ができます。

実際、主婦の方や大学生など、普通の人でもWEBライターとして活躍しています。

短い文章ならスマホがあればできる仕事も多いので、チャレンジしてみてください。

スキマ時間で仕事ができる

webライターは、スキマ時間を活用して仕事ができます。

アルバイトなどは通勤が必要になり、土日などしかできないことも多いと思います。

ですがWEBライターなら、パソコンやスマホがあれば在宅でできるので時間の都合をつけやすいです。

実際、私も10分くらいの案件を見つけて、5,000円くらい稼いだことがあります。

元手とリスクがない

怪しい副業をすると、初期費用などがかかり破産のリスクもあります。

WEBライターは、元手なしでできますし、在庫もないので赤字のリスクはありません。

作業した分だけ収入につながるので、ガンガン仕事をして稼ごうという意識が高くなります。

スキルが上がれば他の副業にも活かせる

ライティングスキルが上がると、他の副業にも活かせます。

私の場合だと当ブログでアフィリエイト収入を得たり、せどりの説明文でユーザーの興味を引く文章が書けるようになりました。

WEBライターだけで稼ぐのもいいですが、せっかくスキルが上がったら他の副業にもチャレンジしてほしいです。

WEBライターって実際どのくらい稼げるの?

気になる方も多いと思いますが、WEBライターの収益は作業量とスキルに比例します。

  • 初心者:0.1円~1円
  • 中級者:1円~2円
  • 上級者:2円以上

これは案件の種類によっても変わり、金融など専門的知識が必要だと1文字あたりの単価が高くなります。

私の場合だと文字単価1円~1.5円くらいで、だいたい3000文字くらいの案件をしているので、1回の収入は3,000円~4,500円ほどになります。

私の友人のライターさんは、個人事業主としてWEBライターだけで年260万~550万くらい稼いでいるそうです。

年収に幅があるのは、稼ぎたい時はガッツリ仕事をして、モチベーションが下がっているときはほとんど仕事をしていないからだそうです。

WEBライターが狙うべき案件

WEBライターを始める場合、初心者の方へ3つアドバイスがあります。

高単価案件を狙うべき

WEBライティング案件は、高単価と難易度は比例しません。

初心者のライターは高い=難しいと思い安い単価のほうに応募する傾向があります。

ですが、実際のところ高単価の方が仕事がしやすいケースも少なくありません。

低い単価で難しい内容を求めてくる場合もありますので、積極的に高単価に応募してください。

自己PRをしっかり書く、資格やスキルを書く、興味などを書く、ブログを開設してURLに載せるなどすると高単価案件でも採用されやすくなります。

自分が稼げるジャンルを見つけること

WEBライターの案件で稼ぐなら、得意分野や興味を持っている分野の案件を積極的にこなしましょう。

私の場合だと、パソコンネタが好きなので、IT系のライティングを狙ってやっています。

ちなみにWEBライターで稼ぐことができるジャンルは、IT系、金融投資系、転職副業系、住宅不動産関連、美容系です。

自分の得意なジャンルを見つけるようにしましょう。

WEBライターでやってはいけない案件

初心者の方に、これだけは絶対にやってはいけない案件があるので紹介します。

文字単価が0.1円の長文案件

文字単価が0.1円で2000文字などの長文案件は、却下されるリスクも高いので止めておきましょう。

単価0.1円案件を選ぶなら、簡単なアンケートや感想文などを書くものにしましょう。

長文案件は思っている以上に難しく、初心者の方は時間ばかりかかって非効率な副業になってしまいます。

定評価のクライアント案件

クライアントの評価が高い案件を選ぶと仕事がしやすいです。

評価がない場合や評価が低いと、契約後トラブルになる可能性があります。

実際、私もありましたが、自信をもって提出した記事が非承認になりました。後で知ったのですが、このクライアントは低評価で非承認がかなり多かったようです。

文字単価が1円以上や、募集している記事数が10本以上など高評価のクライアントを選んでください。

WEBライターの作業の流れ

WEBライターの作業の流れを紹介します。

私の場合になりますが、おおむねこんな感じで仕事をしています。

STEP.1 案件受注

自分に合った案件を探し、応募をします。

昔は厳選していましたが、今は色んな案件にチャレンジしています。

その方がスキルが上がりますし、知識の幅も広がるので良かったと感じています。

STEP.2打合せ

クライアントと打ち合わせをします。

クライアントによって要望が変わります。

  1. クライアントから構成案を提示
  2. キーワードなどを提示
  3. 自分で構成とキーワードを考える

最初はクライアントから構成案をもらったほうがいいです。

私のケースですが、自分で考えて「思っていたのと違う」と却下された経験があるからです。

STEP.3記事執筆

クライアントと打ち合わせが終わると、正式な契約になります。

契約したら、クライアントから仮払いをしてもらい仮払い完了後に執筆を開始します。

納期に遅れないように、すぐに仕事に取り掛かります。

STEP.4納品

記事が完成したら納品をします。

納品方法に関してはクライアントによって異なります。

Wordやメモ帳などで納品する場合と、Wordpress納品やGoogle共有サービスでの納品があります。

最初に確認しておけばトラブル回避できます。

STEP.5検収&修正

納品が完了するとクライアントが検収をしてくれます。

クライアントが検収をして修正をしてほしいと連絡が来た場合、修正をして再納品をします。

STEP.7支払い&評価

クライアントが検収をして完了すると支払いがされます。

クライアントに対しての評価をします。

これがWEBライターの一連の流れになります。

WEBライターの仕事の探し方

WEBライターの仕事はクラウドソーシングを利用するのが一般的です。

いくつか方法があるので、私が実践しているやり方を紹介します。

①クラウドソーシングに登録

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と仕事をしたい人が集まるサイトです。

最初は、クラウドワークスやランサーズに登録することをお勧めします。

②フリーランスエージェントを活用する。

フリーランスや副業をしたい人にクライアント様を紹介をしてくれるサービスです。

レバテックフリーランスやクラウドテックがおすすめです。

仕事探し、営業活動、単価交渉、契約などはトータルでサポートされます。

③スキルシェアサイトに登録

個人の知識やスキルを売り買いできるサイトがあります。

ココナラとスキルクラウドです。

ここでは自分でサービスを売り込んでWEBライターの仕事を受注できます。

④自分のサイトを作って集客

自分のプロフィールサイトを作って集客する方法もあります。

サイトは無料のブログでも問題はありませんが、本格的にサイトの構築をしたい場合はWordpressを導入してください。

webライターとして活動をしながらアフィリエイトやブログをはじめてみるのもいいかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる