WordPress日本語テーマおすすめ【有料&無料10選】

WordPressテーマの選び方、有料&無料の違い、おすすめのテーマを解説します。

テーマ選びに正解はありませんが、後から他のテーマに変更するとコード変更などの作業が大変なので最初から使いたいテーマでブログを始めるのがおすすめです

WordPressは世界的に使われているので海外製のテーマも多いのですが、マニュアルが読みやすく、ネットにも情報が多い日本語テーマをおすすめします。

今回は、実際に使ってみておすすめできる日本語テーマをピックアップしているので参考にしてください。

無料テーマと有料テーマの違い

WordPressテーマは無料と有料があり、有料のほうが優れている思っている方も多いと思います。

実際にブログ運用やホームページ制作でWordPressの有名テーマを一通り試しましたが、有料が良いと感じたのは以下の点でした。

  • 記事の装飾機能が充実している
  • 最新のバージョンにすぐに対応してもらえる

まず有料テーマの良いところは、記事の装飾機能が充実しているので、デザイン性の高いブログを書くことができます。

「会話風の吹き出し」「アイコン付リスト」「ランキング機能」など、自作では難しい機能が最初から使えるメリットがあります。

またWordPressはアップデートが頻繁にあり、アップデートしたら機能が使えなくなることも少なくありません。

有料テーマであれば、アップデートで不具合があってもすぐに対応してもらえます。

WordPressのアップデートを行わない方もいますが、セキュリティの観点から絶対にアップデートすべきです。その意味でアップデートの対応もしている有料テーマはセキュリティ対応も万全なので安心です。

ただし無料テーマの中にもサポートや機能が充実しているものもあるので、今回はそれらも紹介していきます。

WordPressテーマ選びのポイント

完璧にすべての条件を満たすのは難しいですが、以下の条件を満たしているテーマを選ぶのがおすすめです。

  1. デザインがブログイメージに合っている
  2. 機能が多くエディターが使いやすい
  3. SEO対策をしている
  4. ネットに情報が多い

ブログを運営する上で、これらの条件を満たしているのが大事です。

デザインがブログイメージに合っている

ブログやサイト運営で、気に入ったデザインのサイトだと愛着が持てます。

シンプルなデザインやアニメーションが多いデザインなど、人それぞれ違うので、あなたの好みのテーマを探しましょう。

テーマの公式サイトにはデモページがあるので、デモを見て使ってみたいと感じたものを選ぶのがおすすめです。

「THE THOR」はデザイン性が高く人気のWordPressテーマです。

機能が多くエディターが使いやすい

WordPressテーマには、記事を書きやすくするための工夫が施されています。

当ブログは「THE SONIC」というテーマを使っていますが、装飾を簡単にできる仕組みがあり記事が書きやすいです。

「吹き出し」や「ランキング」など、使いたい機能が揃っているテーマを選ぶと満足度が高くなります。

装飾や機能の豊富さでは「AFFINGER」が多機能でおすすめです。

SEO対策をしている

SEOは難しく対策をしていれば確実に上位になるわけではありません。

ですが最低限、行っておくべき施策があります。

  • 内部対策の最適化
  • ページ高速化
  • モバイルフレンドリー(レスポンシブ対応)
  • メタタグの設定ができる

この辺りのSEO対策ができれいるテーマを選びましょう。

プラグインでSEO対策をすることもできますが、テーマ側で行っていれば不要なので管理しやすいです。

有料テーマは内部SEO対策をしっかりと行っています。

ネットに情報が多い

人気が高いテーマになると、ネットにも情報がたくさんあります。

例えば有名テーマのアフィンガーですが、「アフィンガー カスタマイズ」で検索すると膨大な数がヒットします。

公式サイトのマニュアルだけではわからないことも、ネットを調べれば解決できるのはブログ運営の強みになります。

「AFFINGER」「THE THOR」「JIN」あたりが情報量が多い印象です。

WordPress無料テーマおすすめ

高機能で人気の高いWordPress無料テーマを紹介します。

紹介しているテーマは開発元が判明しているので安心して利用できます。

Cocoon

製作者は「わいひら」さんで、もともと人気の高かった「Simplicity」という無料テーマの後継として「Cocoon」を作られました。

  • SEO対策
  • レスポンシブ対応
  • 収益化しやすい仕組み
  • 記事の装飾機能が豊富
  • SNS拡散の仕掛け
  • カスタマイズ性が高い

テーマの運営期間も長いため必要な設定はほとんどできますし、ネットにも情報がたくさんあるのでカスタムしやすいテーマです。

WordPressテーマで人気が高く、無料テーマを探しているならCocoonがおすすめです。

Lightning

株式会社ベクトルさんが開発したWordPress無料テーマです。

  • WordPress.org登録テーマ
  • 豊富な機能
  • SNS設定も簡単

テーマだけではなく、プラグインも開発しているほどWordPressに精通しているので安心して利用できます。

Xeory

SEOなどWEBマーケティングに強い「バズ部」が開発したテーマです。

  • SEO最適化
  • レスポンシブ対応
  • 表示速度が速い

シンプルな構造で、最低限必要な機能でブログを運営するテーマになります(装飾のプラグインなどがあったほうがいいかもしれません)。

ブログでも企業ホームページにも対応できます。

LION BLOG

ホームページ制作やSEO対策を行っているWEB制作会社の「フィット株式会社」さんが作成した無料テーマです。

  • SEO最適化
  • レスポンシブ対応
  • 表示速度が速い
  • 機能が豊富

LION BLOGの他にも「LION MEDIA」というテーマがあり、そちらも無料で高機能なおすすめのテーマです。

LION BLOGの更新は現在ストップしているようなので、使うなら後継の有料テーマ「THE THOR」がおすすめです。THE THORはこの後説明します。

WordPress有料テーマおすすめ

WordPressの有料テーマは、高機能なものが多く開発元が定期的にアップデートしているので最新のWordpressに対応しています。

AFFINGER6 Action

株式会社オンスピードが開発したWordPress有料テーマです(開発者のEnjiさんは実績を残している有名ブロガーです)。

AFFINGERは人気のWordPressテーマで、もともとはStingerという無料テーマの後継になります。

ブロガーご用達のテーマで、多くのサイトで紹介されているのでカスタムするのがとても簡単です。

  • SEO最適化
  • レスポンシブ対応
  • カスタマイズ性が高い
  • ブロックエディター対応で使いやすい
  • 収益化に特化
  • 有名ブロガーも使っている

機能がとても多いので、ブログを長期的に育てていくのに向いています。

一番のメリットはネットに情報が数多くあるので、困ったときにすぐに調べられることです。

実際にアフィンガーを購入して、別ブログで使った口コミも書いているので参考にしてください。

収益化に特化したWordPressテーマなので、ブログで稼ぎたいという方におすすめです。

[reuse id=”1793″]

THE SONIC

サイトデザイナー、フロントエンドエンジニア、現役のアフィリエイターの合作にて開発されたWordPress有料テーマです。

有料版は買い切りが一般的なWordPressテーマですが、サブスクリプション(月額課金)の珍しいテーマです。

  • SEO最適化
  • レスポンシブ対応
  • 高速表示
  • ブロックエディターが使いやすい
  • Rinkerとの連携

ブロックエディターが苦手な方も多いと思いますが、「THE SONIC」のブロックエディターはとても使いやすいです。

収益化に特化していて、Rinkerを使えば簡単にAmazonや楽天のボタンが作れます。※キャンペーン情報をボタンに追加できるCOPIAとの連携は凄く便利です。

レンタルサーバーの「Conoha WING」とコラボをしていて、同時加入なら割引価格が適用されます。

SANGO

WEBデザインなどのノウハウを解説している「サルワカ」を運営しているサルワカさんが制作しているWordPress有料テーマです。

フラットなデザインでイラストとの相性が良いテーマです。

  • 内部SEO対策
  • レスポンシブ対応
  • デザインの種類が豊富
  • ブロックエディターが使いやすい
  • サイトの高速化

他のテーマとは一味違い、シンプルながら目を引くデザインになっています。

機能も充実していて、選べるデザインも豊富なので記事を書くのが楽しくなります。

レンタルサーバーの「Conoha WING」とコラボをしていて、WINGパック加入なら割引価格が適用されます。

THE THOR

無料テーマの「LION BLOG」を開発した WEB制作会社の「フィット株式会社」さんが作成したWordPress有料テーマです。

「LION BLOG」も良いのですが、有料だけあって機能は「THE THOR」が圧倒的に上です。

  • SEO最適化
  • レスポンシブ対応
  • 洗練されたデザイン
  • 収益化支援システム
  • 高速表示
  • Google推奨の「PWA」を標準装備

デザイン性の高さとオリジナリティの点で、「THE THOR」は他のテーマを凌いでいます。

気になることとしてブロックエディタが非推奨なので(非対応ではありません)、プラグインの「クラシックエディター」をインストールするのが前提になります。

ただ機能は充実しているので、記事を書くのはとても簡単です。

将来的にブロックエディターに対応してもらえれば、とても使い勝手が良いのでおすすめです。

JIN

有名アフィリエイターのひつじさん(@hitsuji_1234)と、WordPressテーマATLASの開発者でもある赤石カズヤさん(@cps_kazuya)が開発したテーマです。

  • SEO最適化
  • レスポンシブ対応
  • 初心者でも悩まない設定
  • ブロックエディターが使いやすい
  • デザインがきれい

機能が多すぎないので、初心者の方でも設定で悩まず記事に集中することができます。

有名アフィリエイターのひつじさんが作っているだけに、収益化も考えられているテーマです。

TCD

株式会社デザインプラスさんが提供するWordPressのテーマサイトで、デザイン性の高いテーマが揃っています。

テーマごとに特徴があり、自分のブログやサイトに合ったものを購入する形になります。

サロン向けテーマや士業向けテーマなど、数多くのデザインがあります。

テーマによって機能が異なるためネットに情報があまりないのがデメリットです。

ブログのイメージにピッタリ合ったデザインを見つけられたらおすすめのテーマです。

WordPressテーマまとめ

今回、紹介したテーマはどれも優れた機能を持っていてブログを育てるのに役立ちます。

テーマだけでSEOが上がるわけではありませんが、良いテーマを使うメリットは大きいです。

効率よく記事を書けるようになれば、1記事にかかる時間の短縮にもなりますし、ブログのモチベーションにもつながります。

無料テーマから始めて収益化ができたら有料テーマに変えても良いですし、最初から有料テーマで始めるのもおすすめです。

※テーマを変更するとスタイルが崩れることもあるので、最初から使いたいテーマを探すことをおすすめします。

もし、どのテーマにするか悩んでいるなら有料テーマのAFFINGERが初心者にも使いやすくおすすめです。

[reuse id=”1793″]

TOP