MENU

社労士の通信講座おすすめランキング【2022年】予備校10校の料金を比較

通信講座を利用すれば、出題範囲が広く難易度が高い社労士を効率よく学習することができます。

ただ社労士の通信講座はいくつかのサービスがあり、どれにすればいいか悩んでしまいます。

そこで社労士(社会保険労務士)通信講座の料金や講座内容を徹底比較しました。

今回の社労士の通信講座を比較するにあたり、現在、社労士を学習中の方、通信講座・予備校で社労士に合格した方に取材させて頂きました。

目次

社労士のおすすめ通信講座10社を比較

社労士講座の通信講座でおすすめできる人気の10校を徹底比較しました。

Forsight(フォーサイト)

フォーサイトは資格で有名な予備校で、社労士講座は全国平均の3倍以上の合格率を誇る人気の通信講座です。

その理由は完全効率主義のテキストと講座内容で、受講生に必要最低限の知識で合格できるよう組み込まれたカリキュラムを作っているからです。

社労士試験で厄介なのは試験範囲の広さで、全てを網羅しようとして失敗する受験生が多いです。

その点、フォーサイトの社労士講座は、効率的に点数が取れるように工夫されているため無理なくステップアップできます。

フォーサイトは講義の質も評判がよく、厳しい研修を突破したエリート講師陣が丁寧に指導してくれるので受講生の理解度が高いです。

業界初のバーチャル講師による講義もあり、プロ声優による聞き取りやすい講義はスキマ時間などに最適です。

フォローシステムも万全で、受講生一人一人をしっかりとバックアップしてくれます。※バリューセット3の受講なら全額返金保証もついています。

コース料金
バリューセット1 2022年試験対策(基礎+過去問講座)76,800円
バリューセット2 2022年試験対策(基礎+過去問+直前対策講座)107,800円
バリューセット3 2022年試験対策(基礎+過去問+直前対策+過去問 一問一答演習)通常セット:118,800円
通常セット+DVDオプション:130,800円

「バリューセット1」の料金は社労士講座の中では安く人気が高いです。

全額返金保証のある「バリューセット3」はもし不合格だったときの保証になるので検討する価値が高いコースです。

Forsightの社労士講座をチェックする

Forsight(フォーサイト)の口コミ

合格率の高さや受講料も他社に比べ比較的リーズナブルだったため、フォーサイトを選びました。私は800時間の勉強を何年も続けるのは耐えられなさそう、また受講料という費用の点からも1年で絶対に合格すると目標を立てました。

私が合格した秘訣は2つあったかと思います。1つ目はフォーサイトの勉強方法に従うことです。試験を研究し尽くしている講師が提案している方法は合格への近道だと思います。2つ目は自分で決めたことを最後までやり抜くことです。

フォーサイトの社会保険労務士 合格体験記より

フォーサイトの通信講座を選んだのは、サンプルのテキストが見やすくまた、講義DVDも講義風景の録画ではなく通信講座用に収録されたものであるため、非常に見やすく分かりやすかったためです。

難関資格試験である、社労士試験に1度の受験で合格できたのも加藤先生・二神先生・フォーサイトの皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

フォーサイトの社会保険労務士 合格体験記より

通学ではなく通信講座にしようと思っていましたが、数ある通信講座のなかでフォーサイトを選んだ理由は、正直なことを言えば、受講料がお手頃価格だったからです。もちろん「安かろう悪かろう」なのではという不安がなかったわけではありませんが、合格実績がきちんとあったことと、資料請求で届いたDVDと教材を見て、「これなら大丈夫そうかな」と思い、フォーサイトに決めました。

12月末から勉強を開始して、本試験までの8か月間で1200時間ほど勉強しました(私は心配性なため勉強時間が多くなってしまいましたが、もう少し少ない勉強時間でも合格は可能かと思います)。

フォーサイトの社会保険労務士 合格体験記より

社労士に合格した受講生の多くは、効率的に学習できるテキストと講座を評価しています。

フォーサイトの講座は「バリューセット1」が人気です(料金の安さもあると思います。)

ただし試験の難易度から考えると、全額返金保証がある「バリューセット3」にしておけば不合格になった時の保証があるのでおすすめです。

Forsight(フォーサイト)

STUDYing(スタディング)

スタディングは比較的新しい通信講座で、IT技術に特化した講座が特徴です。

スキマ時間を使った効率的な学習ができるので、通勤/通学中など時間を効率的に活用できます。

動画講義では動きのあるアニメーションを多用し、テキストでは理解しにくい内容がわかりやすいと好評です。

実績は少ないですが、社会保険労務士試験を第1回から50年分の出題実績を分析しているので質は高いです。

フォロー制度はないのがデメリットで、自分で調べるのに不安がある方はサポートが不十分と感じるかもしれません。

通信講座としての質は高く費用は他の通信講座と比較して安いので、コスパ重視で選びたい方におすすめです。

コース料金
合格コース[2022年合格目標]一括 59,800円
総合コース[2022年合格目標]一括 69,800円
フルコース[2022年合格目標] 一括 79,800円

無料講座と無料セミナーがあるので、まずはどんなものかをチェックしてみてください。

STUDYingの無料講座をチェックする

STUDYingの口コミ

どうしても勉強のやる気が出なくて、能動的に机に向かうことができないときでも、ベッドで寝転がりながら、受動的にスマホで講義動画だけでも視聴するなど、本当にどこでも、少しでも勉強することができたのは私にとって非常に大きかったです。

スタディング 合格者の声より

スタディングの講座を受講してみて感じたことは、合格に必要な事は講座の中に全て網羅されているという事です。スタディングの講座を信じて学習を進めていけば自ずと合格へ近づけると思います。

スタディング 合格者の声より

働きながらの受講でしたが、スマホでちょっとした空き時間でも勉強出来るため、勉強時間の確保がしやすかったです。また、講義についても大変分かりやすく、かつ、隙間時間で勉強できるように構成が工夫されているように感じました。

スタディング 合格者の声より

STUDYingはインプットとアウトプットが効率的に行える仕組みが受講生から好評です。

スマホを使った学習はどこでもできるので、勉強時間の確保が絶対条件の社労士試験の対策としてもピッタリです。

STUDYing(スタディング)

アガルート

アガルートは難関資格の合格者数が高い予備校で、社労士の合格者数も全国平均の4倍以上の実績を誇ります。

120時間のオンライン講義動画は、時間のない社会人でも無理なく学べるポイントを絞った内容が凝縮されています。

初学者向けカリキュラムと学習経験者向けカリキュラムを分けているのも、効率的に学習できるポイントになります。

また出題カバー率も90%以上(社労士の合格ラインは70%ほど)と高いのは、アガルートを選ぶ大きなメリットとなります。

看板講師の大河内先生の講義は、受講者から丁寧でわかりやすいと評判です。

若干マイナスポイントはFacebookグループのフォローで、Facebookを普段使わない人には使いづらいかもしれません。

ですが、わからないことは何度でも無料で講師に質問できるので、必ず利用してほしいフォロー制度です。

コース料金
基礎講義&総合講義54,780円
入門総合カリキュラム107,800円
入門総合カリキュラム+定期カウンセリング217,800円
演習総合カリキュラム188,000円
演習総合カリキュラム+定期カウンセリング217,800円

アガルートの社労士講座をチェックする

アガルートの口コミ

社労士界のエース大河内先生がアガルートさんにいらっしゃることを知り、法律の基礎から学ぶことの奥深さを知り、特に苦手意識の強かった健保や年金に対するアレルギーも少しずつ払拭され、個々の試験科目を身近なものとして感じることができるようになったおかげで、各章が終わったら、できるだけ記憶が新鮮なうちに過去問等と向き合ったことが結果に繋がったのではないかと感じております。 

アガルート 社労士試験 合格者の声より

アガルートのテキストは、分量が多く網羅性に優れており、独学の時に使用していた市販のものでは知識量が不足しているのでは?と不安を感じていた私にとって最適なものでした。

講義動画については、講師の顔とテキストが一画面で表示されるため、テキストの該当箇所の説明の理解がしやすく、対面で講義を受けているのと遜色ないと感じました。

アガルート 社労士試験 合格者の声より

大河内講師の講義は、基礎から応用までを丁寧に説明するものであり年金科目に対する苦手意識を払しょくすることができたと考えています。

アガルート 社労士試験 合格者の声より

資料請求で有料講座の一部を抜粋した講義動画と対応するテキストをプレゼントしているので、まずはどんな内容かだけでもチェックしてみても良いと思います。

難関資格の社労士ですが、アガルートは合格率が高く通信講座選びに迷っているなら現時点で選んでほしい予備校の一つです。

アガルート

クレアール

資格試験の実績があるクレアールは、過去20年間の試験問題を徹底的に分析して合格をサポート。

「やるべきところ」のみならず「やるべきでないところ」を分析しているので、効率的に学習することができます。

非常識合格法とVラーニングシステムによる、短期間で合格できるカリキュラム編成で受講生は最短ルートで試験に臨めます。

クレアールはレベル別の講座が多く、学習時間の目安やポイントが違います。一部を紹介します。

コース料金
2022年目標 一発ストレート合格パーフェクトコース 9月生限定特典付 Web通信78,720円(割引価格)
2022年目標中級パーフェクトコース 9月生限定特典付 WEB通信73,800円(割引価格)

2022年目標上級パーフェクトコース 9月生限定特典付 WEB通信
71,100円(割引価格)

どの講座を受けるかネットだけだとわかりにくいので、まずは資料請求をして自分のレベルに合った講座を探すことをおすすめします。

資料請求を行うと「社労士試験最短最速非常識合格法」がプレゼントされます(先着100名)

クレアール社労士講座の資料請求をする⇒

クレアールの口コミ

仕事をしながらの受験ですと時間が限られているため、通信教育で検討を開始しました。その中でクレアールを選んだのは、万が一、落ちた場合でも、翌年の受験のために最新のテキスト、問題集等がもらえるセーフティコースがあったこと、またセーフティコースの中で自分がどのコースに向いているか分からなかったので、クレアールにメールで何度か問い合わせをしたところ、丁寧な回答を頂けたことにあります。

クレアール合格体験記より

行政書士試験を独学でやった時に独学の限界を感じ、色々な通信講座を検討する中で料金面でクレアールが一番良心的価格でしたので、行政書士講座を受講し、自分に合っていると思っていたので、社労士試験でも引き続きお世話になっております。

クレアール合格体験記より

講座の質もさることながら、早期割引だとかなり安くなるので、そのコスパからクレアールを選んでよかったという口コミも多いです。

メールなどの問い合わせも丁寧に答えてもらえるので、自分にピッタリのコースを相談したい人にもおすすめです。

クレアール【資料請求】

資格の大原

「本気になったら大原」のCMで有名な資格に強い予備校です。

通学のイメージが強いスクールですが、通信講座にも力を入れていて社労士も予備校のノウハウを活かして成果を出しています。

24時間でインプット講義が完結する「社労士24」は費用が安く人気です。

コース料金
社労士2479,800円
社労士24+直前対策128,000円

この他にコース生限定の「社労士24」コース(27,000円)もあり、通学と併用して社労士対策ができます。

通信講座を検討しているのであれば、一度、資料請求をしてコースの詳細を確認することをおすすめします。

資格の大原【資料請求】

ユーキャン

ユーキャンは大手通信講座で、多くの通信講座を行っているのでノウハウが豊富です。

受講生専用サイト「学びオンライン プラス」で、スマホを使って気軽に勉強ができます。

コース料金
社会保険労務士講座79,000円

わからないことも、メールや郵送で質問することができます。

ユーキャン

LEC 東京リーガルマインド

資格取得に強く、市販のテキストも口コミ評価がとても高い東京リーガルマインド。

人気講師2名体制による講義は、受講生から「わかりやすい」と好評です。

通学をメインとしているため、通学+WEBのコースが多いです。

コース料金
通学(Webフォロー付)音声DL可・スマホ可 模試会場(関東)225,000円

資料請求もあるので、まずは内容を確認してから自分に合ったコースを探すことをおすすめします。

LEC

ヒューマンアカデミー(たのまな)

資格スクール大手のヒューマンアカデミーが運営する通信講座が「たのまな」です。

社労士の過去問を徹底的に分析し、出題傾向を検証しています。

12ヶ月の学習期間で、基礎からしっかりと学ぶことができます。

コース料金
社労士【安心合格】講座200,600円

たのまな

資格の学校TAC

TACの社労士講座は実績が高く、基礎から試験対策までしっかりと行えます。

通学に強いイメージですが、WEB通信講座も行っています。

コース料金
Web通信講座173,000円
DVD通信講座 240,000円

資料請求も行っているので、まずは内容をみることをおすすめします。

資格の学校TAC

キャリカレ

キャリカレは、6か月で社労士合格を目指せるのが特徴です。

的を絞ったテキストと独自の学習方法で、短期間で社労士に合格できるカリキュラムを作っています。

不合格だった場合も「全額返金」制度があります。

コース料金
社会保険労務士合格指導講座64,900円

資料請求もできるので、どんな内容か確認するのもおすすめです。

キャリカレ

社労士 通信講座の料金を比較

社労士の通信講座の費用を比較しました。

安い費用の講座はコースではなく単価もありますが、相場としては6万~20万くらいが目安になります。

通信講座費用
Foresight76,800円~130,800円
STUDYing59,800円~79,800円
アガルート54,780円~217,800円
キャリカレ64,900円
ユーキャン79,000円
クレアール71,100円~78,720円
資格の大原79,800円~128,000円
TAC173,000円~240,000円
たのまな200,600円
LEC225,000円

社労士の通信講座おすすめ3校

社労士の通信講座を徹底比較しました。

通信講座選びで迷っているなら、合格率が高いForesightを選ぶのがおすすめです。

STUDYingは料金が安く、オンラインに特化しているので時間を効率的に使いたい方におすすめです。

こちらの社労士独学勉強法でも説明していますが、社労士の独学はかなり難易度が高いので早い段階で通信講座を使うことも検討しておきましょう。

出題傾向が分析されている通信講座であれば、初心者の方でも無理なく学習できるカリキュラムになっているからです。

アガルート

STUDYing

Foresight

目次
閉じる