WordPressのインストールが簡単なレンタルサーバーランキング

今のレンタルサーバーには、「WordPress簡単インストール」機能があり初心者でも簡単にWordPressを使うことができます。

ただし各レンタルサーバー会社によって、インストールの手順が異なります。

今回は、WordPress簡単インストールをレンタルサーバー会社ごとに比較して、初心者でも使いやすいおすすめのレンタルサーバーを紹介します。

目次

WordPress向けレンタルサーバーを比較 7つの選定ポイント

WordPressを導入するレンタルサーバーを選ぶときに、注意しておきたいポイントが7つあります

  1. 料金
  2. ディスク容量
  3. 表示速度
  4. 転送量
  5. 簡単インストール機能
  6. ドメイン永久無料キャンペーン
  7. 自動バックアップ

料金

レンタルサーバーを契約するときに、一番気になるのが料金だと思います。

費用は毎月発生するものですし、WordPressを運用するだけなら、費用が安いサーバーに越したことはありません。

料金が高いサーバーのほうが良いと思うでしょうが、WordPressブログやサイトを運営するなら500円~1,000円前後のサーバーで十分です。

弊社も月30万PVのWordPressブログをレンタルサーバーで運営していますが、この料金帯のサーバーで問題なく運用できています。

法人向けの料金が高いサーバーや、VPSなど専用サーバーなどもありますが、一般的なレンタルサーバーでほとんどのWordPressサイトは運用できます。

ディスク容量

サイトのデータを保存するディスク容量もレンタルサーバー選びで大事なポイントです。

ブログを運営すると、画像をサーバーにアップロードすることが多いです。

ディスク容量が少ないと、画像のアップも制限がかかるのでなるべく容量の多いサーバーを選びましょう。

最低でも100GB以上のディスク容量があるレンタルサーバーを選びましょう。

一般的なWordPressブログであれば、このくらいの容量があれば問題なく運営することができます。

表示速度

WEBサイトは表示速度が重要で、速度が遅いとユーザーのストレスになります。

WordPressはPHPやMySQLなどを利用するので、運営していくうちに動作が重く感じられます。

Googleの検索エンジン(SEO)でも、表示速度は順位の指標の一つになっているので疎かにはできません。

SSD搭載、HTTP/2採用、WEBサーバーがnginx(エンジンエックス)やLiteSpeedといった高速化の技術を利用しているレンタルサーバーがおすすめです。

統計によると、WEBページの読み込みが3秒を超えると離脱率が上がるというデータもあるので注意しましょう。

転送量

転送量とは、WEBサイトにアクセスされたときに、サーバーからブラウザ(ユーザーのパソコン)に送られるデータ(文字や画像、動画など)のデータ量のことです。

ブログなどでアクセスが増えたときに、転送量が少ないと表示が遅くなったり、最悪アクセスできなくなってしまいます。

目安としては1日30~50GBあれば問題なくWordPressブログやサイトを運営できます。

今回、紹介するサーバーは十分な転送量を誇っているので安定した運営ができます。

WordPress簡単インストール機能

WordPressのインストールの手順はサーバー会社によって異なり、簡単にインストールできるサーバーもあれば、自分で設定をしなくてはならないサーバーもあります。

初心者の方は「簡単インストール」(呼び方はサーバーによって異なります)があるレンタルサーバーを選びましょう。

簡単インストールできるレンタルサーバーなら、初心者の方でも10分目安でWordPressのインストールが完了します。

今回は各レンタルサーバーの特徴もまとめているので参考にしてください。。

ドメイン永久無料キャンペーン

レンタルサーバー会社によっては、独自ドメインの永久無料キャンペーンを実施しています。

独自ドメインは絶対に必要なものではありませんが(レンタルサーバーには各社で初期ドメインがあるので)、独自ドメインを取得すればブランドの信頼性にも繋がるので利用して損はありません。

普通にドメインを取得すると取得費用や更新費がかかるので、永久無料はかなりお得です。

独自ドメインは運営歴が長くなれば信頼度が増すので、使うことをおすすめします。

自動バックアップ

サーバー会社によっては、データの自動バックアップ機能があります。

万が一、サイトが改ざんされたりデータを上書きしたとして、バックアップがあれば戻すことができます。

リストア(修復)機能まであるサーバーを選べば、簡単に元に戻すことができます。

いざという時に役立つので、今回は自動バックアップもついているレンタルサーバーを紹介します。

WordPressのインストールが簡単なレンタルサーバー

上記のポイントを押さえて、WordPressの簡単インストールが利用できるサーバーを比較しました。

エックスサーバー

エックスサーバーには「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」のプランがありますが、おすすめは「スタンダード」プランです。

エックスサーバーはコストパフォーマンスと使い勝手など、トータルで比較してみて一番おすすめのレンタルサーバーです。

他のサーバーだと独自ドメインやSSLの設定を別途行う必要がありますが、エックスサーバーは申込時に全て完了するので凄く使いやすいです。

こちらの「エックスサーバー【WordPressのインストール手順】」に書いていますが、WordPressクイックスタートは初心者の方でも簡単にインストールできます。

注意として、本来は10日間のお試し期間がありますが、WordPressクイックスタートを利用するとお試し期間がありません。

ですが他サーバーと比較しても、使い勝手はバツグンに良いので最初から本契約で利用することをおすすめします。

mixhost

f:id:maka1102:20210116085313p:plain

mixhostは「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」「ビジネスプラス」プランがあり、おすすめは「スタンダード」になります。

mixhostはWordPressのインストールが簡単なおすすめのレンタルサーバーです。

WordPressクイックスタートは秀逸で、レンタルサーバーの中でもトップクラスにインストールが簡単です。

こちらの「mixhost【WordPressのインストール手順】」にも書いていますが、初めての人でも簡単にWordPressがインストールできます。

ユーザー管理画面が少しわかりにくデメリットはありますが(個人差あり)、慣れれば問題ありません。

WordPressのインストールなら、一番簡単にスタートできるおすすめのレンタルサーバーです。

ConoHa Wing

f:id:maka1102:20210116085344p:plain

Conoha WINGは国内最速を誇るレンタルサーバーで、「WINGパック」と「通常」の2つ料金プランがあります。

それぞれ「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」のプランがあり、おすすめは「WINGパック」のベーシックになります。

WordPressかんたんセットアップを利用すれば、すぐにWordPressを利用することができます。

こちらの「Conoha WING【WordPressのインストール手順】」にも書いていますが、初めての人でも簡単にWordPressがインストールできます。

WINGパックは途中解約ができない(返金ができない)デメリットはありますが、長期的にサイトを育てるならコスパは高いです。

ハイスペックなサーバーを低価格で利用したい人におすすめのレンタルサーバーです。

LOLIPOP!(ロリポップ)

f:id:maka1102:20210116085334p:plain

ロリポップは「エコノミー」「ライト」「スタンダード」「ハイスピード」「エンタープライズ」プランがあり、おすすめは「ハイスピード」になります。

料金はエコノミーが一番安いのですが、WordPressが利用できないので注意してください。

ハイスピードは高速表示の対応をしているプランで、長期契約をすればコスパが高いのでおすすめです。

少し気になるのは、ドメインを取得するときに別サービス(ムームードメインなど)を利用する必要があることです。

こちらの「ロリポップ【WordPressのインストール】」にも書いていますが、WordPressのインストールは簡単なのですが、そこまでの作業が少々面倒です。

コスパは凄く良いので、安い料金でWordPressを使いたいならおすすめのレンタルサーバーです。

ColorfulBox(カラフルボックス)

カラフルボックスのプランは「BOX1」~「BOX8」(数字が少ないほうが安い)まであり、おすすめは「BOX1」になります。

WordPress快速セットアップは、初心者でも簡単にWordPressのインストールができます。

こちらの「ColorfulBox【WordPressのインストール手順】」にも書いていますが、最後のSSL設定以外は特に難しいことはありません。

ユーザー管理画面がmixhostと似ていて少しわかりにくデメリットはありますが(個人差あり)、慣れれば問題ありません。

カラフルボックスは東日本と西日本にサーバーが設定されていて(リージョンと呼んでいます)、お住いの地域から近いリージョンを選択すると表示スピードが速くなる可能性がある(公式サイトでも断言はしていませんでした)面白いサーバーです。

heteml(ヘテムル)

hetemlのプランには「ベーシック」と「プラス」があり、おすすめは「ベーシック」プランになります。

高速化を追求しているレンタルサーバーです。

WordPress簡単インストールは本当に簡単なのですが、独自ドメインの設定などは少し複雑なので初心者の方は注意が必要です。

こちらの「heteml【WordPressのインストール手順】」にも書いていますが、独自ドメインは別会社で取得する必要があります。

各種設定が別に必要になることがあるので、申込時に全て設定してある状態が良い人は検討の余地があります。

性能は高いサーバーなので、選択肢の一つとして候補にしても良いサーバーです。

さくらのレンタルサーバー

f:id:maka1102:20210116085325p:plain

さくらのレンタルサーバーは「ライト」「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」「ビジネスプロ」「マネージド」プランがあり、おすすめは「スタンダード」になります。

料金はライトが一番安いのですが、WordPressが利用できないので注意してください。

さくらレンタルサーバーはコストパフォーマンスが高いレンタルサーバーです。

500円代でWordPressが使えるサーバーの中ではロリポップの次におすすめのレンタルサーバーです。

個人差はありますが、設定などがわかりにくいのがデメリットです。

こちらの「さくらのレンタルサーバー【WordPressのインストール】」にも書いていますが、WordPressのインストールまでにはいくつかの作業が必要になります。

ただし料金は安いので、なるべく運用費を下げたいならおすすめのサーバーです。

StarServer(スターサーバー)

スターサーバーは「エコノミー」「ライト」「スタンダード」「ハイスピード」「エンタープライズ」プランがあり、おすすめは「ライト」になります。

料金はエコノミーが一番安いのですが、WordPressが利用できないので注意してください。

スターサーバーは料金が安く、ドメインも同運営会社で管理できるので使い勝手は良いサーバーです。

こちらの「スターサーバー【WordPressのインストール】」にも書いていますが、WordPressのインストールや諸々の申込は簡単にできます。

デメリットは自動バックアップ機能や、独自ドメインの無料キャンペーンなどがないことです。

コスパが高いので、WEBの知識がある人が運用するならおすすめのサーバーです。

KAGOYA(カゴヤ)

カゴヤの共用レンタルサーバープランには「S12」「S22」「S33」があり、おすすめは「S12」プランになります。

WordPress簡単インストールは少し難しく、独自ドメインやデータベースの設定に初心者はてこずるかもしれません。

サポートが充実しているので、法人からの人気も高いレンタルサーバーです。

こちらの「kagoya【WordPressのインストール手順】」にも書いていますが、手動で設定する項目が多くインストールは少し大変です。

スペックや内容は良いサーバーなのですが、初期設定されても良さそうな機能も別途申込が必要なのがデメリットです。

電話やメールの対応は丁寧なので、サポートが充実したレンタルサーバーを選びたい人におすすめです。

お名前.com

独自ドメインをお名前.comで取得している人も多く、有名企業が運営しているレンタルサーバーです。

ドメインをお名前.comで取得する人は、レンタルサーバーを契約すると永久無料になるのでおすすめです。※契約期間に条件あり

サービスの内容は良いのですが、全体的に設定がわかりにくい(個人差アリ)のがデメリットです。

こちらの「お名前.com【WordPressのインストール】」にも書いていますが、WordPressのインストールは簡単なのですがパスワード設定などに癖があります。

お名前.comでドメインを取得するなら、選択肢として選んでも良いサーバーです。

目次
閉じる